2020年06月05日

6月の満月は「ストロベリームーン」

6月6日(土)の
午前4時頃に満月の瞬間を迎えます。
この瞬間に限らず、
前日の5日の夜から当日6日の明け方までが

「ストロベリームーン」
見るチャンスです。


かつて、
北米に住むネイティブアメリカン達は、
それぞれの満月に名前を与えることで
季節を認識し、農業に役立てていました。
アメリカの農業暦
「The Old Farmer’s Almanac」によると、
6月の満月は
「ストロベリームーン」
呼んでいます。
これは、
6月は野苺などの収穫時期に当たること、
またこの時期の月は
赤みを帯びて見えることにも
因んでいるからだそうです。


これは、
大気の影響による現象で、
朝日や夕日が
赤く見えるのと同じように、
月が地平線(水平線)に近いために、
月が赤っぽく見えるのだそうです。


また、
1600年代以前のヨーロッパでは、
「苺」は浸透していなかったので、
その赤い色から薔薇の花に例えて
「ローズムーン」
呼ぶところがあるそうです。



「ストロベリームーン」
好きな人と一緒に見て祈ると、
その人と結ばれると言われています。


片思いの彼なら
付き合えたり、
お付き合いしている彼なら
結婚できたりと、
願いが叶って
幸せな時間が続くのだそうです。
もし会えない場合でも、
同じ時間に
「ストロベリームーン」
見て祈れば
効果があるそうです。


他にも「幸せになれる」や、
「金運が上がる」など
ご利益が沢山あるそうです!
「ストロベリームーン」
待ち受けにするとご利益にあずかれます。


天気が気になりますが、
今夜遅く(21時〜24時)にかけては、
上空の寒気の影響で、
北海道から九州では、
大気の状態が「非常に不安定」で、
局地的に雨や雷雨となるでしょう。
(今、雷雨)

ただ、日付が替わると、
九州北部から近畿、北陸を中心に、
満月を楽しむことができる所が
多くなりそうです。
ラベル:射手座満月
posted by ぽっぷらいと at 21:38| こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする