2020年03月03日

イッピン「彩り豊かに 使いやすく〜三重 萬古焼〜」

今回のイッピンは
「三重の萬古焼」


     ー 萬古焼の陶びな ー



三重県四日市市の
代表的な地場産業であり、
昭和54(1979)年に
国の伝統工芸品に指定された
「四日市萬古焼」。


現在、四日市市と菰野町を中心に
窯元数は100社以上にも上ります。


その「萬古焼」は
江戸時代元文年間(1736〜1740年)に
桑名の商人沼波弄山が
茶の趣味が高じて
現在の三重郡朝日町小向に窯を築き
自分で茶器を焼き始めたのが
始まりとされています。


その作品が変わらずに
永遠に残っていくようにとの意味から
「萬古」または「萬古不易」
の印を押したのが
名前の謂れとされています。
そして
「萬古の印があることが
 いちばんの特徴」
と言われるほど形は多彩です。



1.大黒ごはん鍋
  (萬古焼 大黒窯


「土鍋」
萬古焼を代表する商品で、
国内シェアの約8割を占めます。


萬古焼の特徴は陶土にあります。
ロケットの塗装にも使われる
「ペタライト」という
熱に強いリチウム鉱石を
混ぜて焼くことで
強度がアップ。


耐熱性が抜群に優れていて、
直火や空焚きなどの熱に対しても
高度な耐久性を持っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大黒ごはん鍋」は、
かまど炊きのような
美味しいご飯が炊ける土鍋です。


一番の特徴は、
「火加減調整がいらないところ」。
オーブンやガスコンロで、
最初から最後まで
同じ火加減で炊くことができます。


ごはんだけでなく、
雑炊やカレー、シチュー、
鍋物にも使える万能土鍋です。


超耐熱性の製品だから、
冷蔵庫から出して
すぐに直火にかけても、
割れることがありません。


直火、電子レンジ、
オーブンいずれにも対応しております。

持ち手には、
職人さんの手跡が
残っている場合があります。
手作業のため、力加減により
どうしてもついてしまうそうですが、
味・・・ですかね。


<大黒ごはん鍋の特徴>
  1. かまど炊きのような美味しいご飯が炊き上がります。
  2. 火加減いらず。最後まで同じ強さで炊くことができます
    (9分〜15分)。
  3. マイナスイオンが発生するセラミック炊飯器です。
  4. マイナスイオンと遠赤外線で早くご飯が炊けます。
  5. オーブン、ガスコンロ(直火)に使えます。
  6. 炊き込みごはん、雑炊、カレー、シチュー、鍋物などにもご利用いただけます。
  7. 本体は超耐熱性のため、冷蔵庫からすぐに直火にかけても割れません。



< 炊き方(2合)>
  1. お米を洗い、30分浸水させる
  2. お米を大黒釜に入れ、内釜に彫られている下から2本目の線まで水を加える。
  3. 内蓋、外蓋をし、中火より少し強めの火で9分。
  4. そのまま10分蒸らす。



2.萬古焼の醤油差し
    (萬古焼 醉月陶苑/醉月窯


日本人の食卓に欠かせない醤油差し。

こちらの醤油差しは
醉月窯の清水醉月さんと
料理研究家の大原千鶴さんが
作り出したものです。


醤油差しで厄介なのは、
注ぎ口が液だれして汚れること。
そして
蓋の縁に付着する結晶が
掃除しにくいこと。


それを
注ぎやすい良質な急須で知られる
萬古焼の技で見事解決!
鋭く作られた注ぎ口は
液だれが生じることなく、
いつでも快適に使えます。

胴に合わせて
蓋はぴったりと合わさるように作られ、
口の周りに醤油が固まることもありません。

購入をご希望の方は、
醉月陶苑」に直接ご注文下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「紫泥急須」
萬古焼のシンボルです。


江戸時代に茶人でもあった
沼波弄山が
朝日町小向(おぶけ)に開窯、
茶碗を始め、赤絵などの
優美な作風の「古萬古」が
作られるようになりました。


明治時代以降、煎茶の流行を受け
急須の製作が始まり、
現在のような焼き締めの急須が
大勢を占めるようになりました。


萬古焼の急須の特性は、
その土に由来します。


「紫泥(しでい)」と呼ばれる
鉄分の多い土は繊細で、
扱いが難しいのですが、
窯でしっかりと還元焼成させることにより
何とも言えぬ美しい色に焼き上がります。


萬古焼の急須は、
使い込むほどに
お茶のタンニンと肌が反応し合い、
お茶の風味がまろやかになっていくと
言われています。





3.海外向けビアマグ


明治時代に入り、
阿倉川の白土を原料に、
木型、土型を駆使して、
文明開化の雰囲気のある
突飛なデザインの萬古焼が、
海外に大量に売り出されました。


そのひとつがビアマグです。


イギリス・スイス・オランダなどに向けた、
それぞれのお国柄を反映した絵が
描かれています。
posted by ぽっぷらいと at 19:12| 美の壺・イッピン・工芸品・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月3日 「今日は何の日」

令和2年


3月



3



[火]




    今日は「雛祭り」

 


[目 次]

 1. こよみ

 2. 今日は何の日

 3. 過去の出来事



干支乙巳   (きのとみ 、いつし)
九星三碧木星 (さんぺきもくせい)
旧暦令和2/2/9
六曜仏滅
(ぶつめつ)
十二直(たいら)
二十八宿(し,和名:とろきぼし)



 「巳(み)の日とは」
    
  芸術や財運を司る弁財天(べんざいてん)
  という神様に縁のある日のことです。
  巳(み)の日に弁財天の遣いである
  白蛇(巳:へび)に願い事をすれば、
  その願いが弁財天に届けられると
  言われており、
  金運・財運にまつわる
  縁起のいい吉日のひとつとされています。



選日
吉日一粒万倍日、神吉日、大明日、月徳日
[凶日]不成就日
[他]


令和2年 新月・満月カレンダー
前回魚座新月 (2/24)
今日の月齢8.5
次回乙女座満月(3/10)


季節
二十四節気 雨水 (うすい)

雪が雨に変わり、
雪や氷は溶けて水となる。
農耕の準備がはじまり、
梅が咲き、
鶯の声が聞かれる。
七十二候 草木萌動
(そうもくめばえいずる)


草木が芽吹き始める頃。
草の芽が萌え出すことを「草萌え」(くさもえ)と言います。
誕生花 ナノハナ

花言葉:予期せぬ出会い

アブラナ属は古くから重要な作物として栽培されている。
「ナノハナ(ハナナ)」はその観賞用品種で、「野菜の花」という意味。
誕生石 モルガナイト

宝石言葉:
チャーミング
     気立てのよさ
ピンク色の「ベリル」。
「エメラルド」や「アクアマリン」は色違いの同じ鉱物。
優しさ、癒やしを象徴する恋愛成就の石。

TOPに戻る


2. 今日は何の日

上巳、桃の節句
 
上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日だったが、後に3月3日に行われるようになった。
旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」とも言われる。
古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。
これが平安時代に日本に取り入れられた。
後に、紙で小さな人の形(形代)を作ってそれにけがれを移し、川や海に流して不浄を祓うようになった。
この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。


ひな祭り
 
上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日だったが、後に3月3日に行われるようになった。
旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」とも言われる。
古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。
これが平安時代に日本に取り入れられた。
後に、紙で小さな人の形(形代)を作ってそれに穢れを移し、川や海に流して不浄を祓うようになった。
この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。


・闘鶏の節句
  
・金魚の日
 (日本鑑賞魚振興会 制定)
  
・春のちらし寿司の日
 (あじかん 制定)
  

耳の日
 
3月3日をミミと読む語呂合わせから昭和32(1957)年より実施されている。
耳の衛生についての知識の普及、聴覚障害の予防・治療などの理解を深めるのが目的。


耳かきの日
 (レーベン 制定)
  
・オーディオブックの日
 (「FeBe(フィービー)」/オトバンク 制定)
  [「FeBe」は「audiobook.jp」にリニューアル]
  
・民放ラジオの日
 (日本民間放送連盟ラジオ委員会 制定)
  
mimi no hi(ミミの日)
 (テイクアップ 制定)
  

三の日
 
日本人は古くから数字の3を好んできた。
「三種の神器」「日本三景」など、3つでくくることによって物事が安定すると考えたからだ。
そんな三について収集・研究をしている日本三大協会が平成5(1993)年)に制定した。



・三十三観音の日
 (三十三観音ネットワーク会議 制定)
  
・結納の日
全国結納品組合連合会 制定)
  
・3x3の日
 (日本バスケットボール協会/
  クロススポーツマーケティング 制定)
  
・三輪車の日
 (アイデス 制定)
  
・ささみの日
 (味のちぬや 制定)
  
ポリンキーの日
 (湖池屋 制定)
  
・みよた壱満開の日
 (西軽井沢ケーブルテレビ(テレビ西軽) 制定)
  
・ジグソーパズルの日
 (ジグソーパズルメーカー会 制定)
  
・クレーンゲームの日
 (日本クレーンゲーム協会 制定)
  
・サルサの日
 (サルサホットラインジャパン 制定)
  


TOPに戻る


3. 過去の出来事
353書聖・王羲之の招きにより文人貴族42名が会稽の蘭亭で宴。
出来上がった詩文をまとめた本の序文として『蘭亭序』が書かれる。

(新暦4月22日)
1603日本橋が開通。
主要街道の起点となり、以来日本の道路交通の中心に。

(新暦4月14日)
1854江戸幕府と米国使節ペリーが横浜で「日米和親条約」(神奈川条約)に調印。
鎖国が解除。
(新暦3月31日)
1860桜田門外の変
江戸城桜田門外で大老・井伊直弼が水戸浪士らに襲われ死亡。

(新暦3月24日)
1865香港上海銀行設立。
1877西南戦争・田原坂の戦いが始まる。
政府軍と西郷軍の最大の激戦。
1922部落解放運動の全国組織・全国水平社結成。
1923アメリカでニュース週刊誌『タイム』が創刊。
1924トルコで1400年続いたカリフ制が廃止され、最後のカリフ・アブデュルメジト2世らオスマン王家の全成員が国外追放される。
1927明治天皇の誕生日11月3日を「明治節」とすることが決定。
1927アメリカから日本へ親善のために贈られたいわゆる「青い目の人形」の歓迎式典が日本青年館などで催される。
1931『星条旗』がアメリカ合衆国の国歌として法制化。
1932上海事変の停戦協定が現地で成立。
1933昭和三陸地震(M8.1)。
津波により死者3008人、流失倒潰家屋5851戸。
1944疎開促進・空き地利用による食糧増産・学童給食の三要綱を閣議決定。
1946旧円の流通を全面禁止。
1958富士重工が初の軽自動車・スバル360を発表。
1969アメリカの有人宇宙船「アポロ9号」が打ち上げられる。
月着陸船による初の有人飛行。
1973日米など72か国が「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」に正式調印。
1981日本と中華人民共和国が「日中渡り鳥保護協定」に調印。
1986全日空のグアム路線第1便が出発。
全日空の初の海外定期便。
1999『だんご3兄弟』のCDが発売。
爆発的なヒットに。
2001スポーツ振興くじ(サッカーくじ)toto」が全国発売開始。
2005西武鉄道の証券取引法違反で前会長の堤義明が逮捕。
2006第1回ワールド・ベースボール・クラシックが開幕。
2008薬害エイズ事件。
最高裁判所が厚生省元生物製剤課長の上告を棄却し、有罪が確定。
2009ケルン市歴史文書館が倒壊。
2011博多駅駅ビルJR博多シティが開業。
2017任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」が日本、北米、欧州、オーストラリア、香港などで同時発売。
TOPに戻る


posted by ぽっぷらいと at 07:05| 今日は何の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする