2016年05月17日

5/17「イッピン」モダンで精緻!“文様の美”写す紙・伊勢型紙

5月26日、27日に、「伊勢志摩サミット」が開催されます。
summit.JPG

それででしょうか?
今日の「イッピン」は「伊勢型紙」の再放送です。



「伊勢型紙」とは、三重県鈴鹿市で作られる
友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を着物の生地を染めるのに
用いるもので、千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品です。
  

和紙を加工した紙(渋紙)に、
彫刻刀できものの文様や図柄を丹念に彫り抜いたものです。

昭和30年2月、伊勢型紙が持つ高度の技術に対して
以下の方々がが「人間国宝」に指定されています。

 ・ 六谷紀久男 (錐彫り)
 ・ 児玉博 (縞彫り)
 ・ 南部芳松 (突彫り)
 ・ 中島秀吉 (道具彫り)
 ・ 中村勇二郎 (道具彫り)
 ・ 城之口みゑ (糸入れ)
(残念ながら、現在では生存されている方はおられません。)

昭和58年4月には、
通商産業大臣より「伝統的工芸品(用具)」の指定を受けました。

平成5年には、
「伊勢型紙技術保存会」が
伊勢型紙の重要無形文化財保持団体として認定されました。

 



そして現在、伊勢型紙の特性を生かして、
他の分野への応用を図っています。

たとえば、
夜をすてきに演出する「ライトスタンド」。
表面に刻まれた花や木々の繊細な文様の美しさが
評判を呼んでいます。


日本間の襖や建具や障子などに装飾をしたり、
  
アクセサリーなど、
おしゃれアイテムとして表舞台に登場しています。


紀尾井町に「伊勢型紙美術館」があります。
紀尾井アートギャラリー

伊勢型紙美術館

  ・ 公式サイト
  ・ 住所 : 東京都千代田区紀尾井町3-32
  ・ 電話 : 03-3265-4001

三重県鈴鹿市には「伊勢型紙資料館」があります。

伊勢型紙資料館

  ・鈴鹿市
  ・住所:三重県鈴鹿市白子本町21−30
  ・電話:059-368-0240



ところで、「伊勢志摩サミット」では、「伊賀牛」が出るそうです。
と〜っても美味だそうで、これから人気が出るかもしれませんね。

posted by ぽっぷらいと at 17:13| 美の壺・イッピン・工芸品・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする