2017年02月06日

2/6「グレーテルのかまど」“スプーンおばさん”のワッフル

グレーテルのかまど

スプーンおばさんのワッフル

 

㊟こちらはノルウェーのお隣の国スウェーデンのシェップスフルト社のワッフルパンです。
世界中で親しまれている、ノルウェー発の「スプーンおばさん」。
ひょんなことから、スプーンほどのサイズに小さくなってしまう
おばさんの冒険物語です。
NHKでアニメが放映されていたので、覚えていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?


私は、ほとんど見たことはないのですが、
♫ 好きよ〜、スプーンおばさん・・・・♫ という主題歌のフレーズと
おじさんの声を八奈見乗児さんがやっていた・・ということは
覚えています。(結構、再放送もやってたんじゃないでしょうか?)

    

「スプーンおばさん」は、ノルウェーの児童作家で歌手でもあった
アルフ・プリョイセンの童話シリーズです。

アルフ・プリョイセンは、
家庭が貧しく、学校へは行かなかったものの、
空想力や歌唱力に富んだ少年で、
農村の祭などで自作の歌を披露し喜ばれたそうです。

彼は戦後、ラジオで人気者になりました。
まだテレビがなかった時代、ラジオから流れてくる
彼の面白いお話と楽しい音楽は、熱狂的に愛されました。

1945年に最初の短編集を出版。
「スプーンおばさん」シリーズは、1956年にスウェーデン語版が、
翌年ノルウェー語版が出版されました。
彼は作家として名を成してからも、歌謡を自作し続け、
また各地の民謡を歌いにまわったそうです。

作中にも登場する、ノルウェーの国民的おやつと言えば、
愛らしいハート型が特徴の「ワッフル」です。

「ノルウェーワッフル」は、
小麦粉、砂糖、バター、牛乳、卵、ベーキングパウダーに、
カルダモン(これは欠かせません!)、これだけの材料で
ワッフルの素を作り、vaffeljern(ワッフルマシーン)で焼くだけの
シンプルすぎるワッフルです。

 「カルダモン」というと、
 つい、
 カレーを想像してしまいます!
そして、「ノルウェーワッフル」の最大の特徴がトッピングとして
「ブラウンチーズ」を乗せること!
 
ノルウェー語で「Brunost」や「Geitost」と呼ばれるこのチーズ、
山羊のホエーを主な原料に作られています。

ヘンゼルが挑戦するのは、このノルウェー伝統のトッピングと、
オリジナルのふわふわガナッシュの2種類のトッピング!
お楽しみあれ!

また、新たなるワッフルが人気爆発か?
なお、今回の制作に協力なさった青木順子さんのブログは
ノルウェーにご興味のある方にはとても参考になりそうです!


“スプーンおばさん”のワッフル
<材料>(直径約18cmの型、約5枚分)
  
[ワッフル生地]
 ・薄力粉:80g
 ・強力粉:80g
 ・ベーキングパウダー:小さじ2 
 ・グラニュー糖:40g
 ・卵:M1個分
(50g)
 ・牛乳:250ml
 ・バター:40g
 ・カルダモン:適量
 ・サラダ油:適量
 
[トッピング@ ノルウェーの定番]
 ・サワークリーム:60g
 ・生クリーム
  (乳脂肪分35% )
:40g
 ・いちごジャム:適量
 ・ブラウンチーズ
  (イェトスト)
:適量
 
[トッピングA ガナッシュ・モンテ]  
 ・チョコレート
  (カカオ分55%)
:70g
 ・生クリーム
  (乳脂肪分35%)
:140g
 ・ラム酒漬けレーズン:適量
 ・ドライアプリコット:適量
 
<作り方>
 [準備]
  ♦ 薄力粉をふるっておく。 
  ♦ バターを溶かしておく。
  ♦ カルダモンの皮を割り、中の種を取り出しておく。

 [ワッフル生地]を作る。
  1. ボウルに
    薄力粉、強力粉、べーキングパウダーを入れて
    よく混ぜる。
  2. 砂糖を加えて混ぜ、
    粉の中央に卵と牛乳の1/3を加えて
    中心から混ぜていく。
  3. 残りの牛乳を加えていき、
    滑らかになるまで混ぜる。
  4. 溶かしバターを加えて混ぜ、
    最後にカルダモンをひいて加え、混ぜる。
  5. ワッフル型を火にかけ、中火で温める。
    サラダ油を全体に塗る。
  6. レードル一杯分の生地を中心に流し、
    蓋をして弱火で片面を約2分焼く。
  7. ひっくり返して更に約2分焼き、
    両面がこんがり焼けたら型からはずす。

 [トッピング@ ノルウェーの定番]を作る。
  1. サワークリームに
    生クリームを2回に分けて加え、
    ゴムべらで混ぜて溶きのばす。
    ブラウンチーズは薄く削る。

 [トッピングA ガナッシュ・モンテ]を作る。
  1. 生クリームを火にかけて沸騰させる。
  2. チョコレートに1を1/ 3程度注ぎ、
    中心からゆっくりと混ぜる。
  3. 残りの生クリームも加えていき、全体を混ぜる。
    粗熱がとれれば冷蔵庫で約2時間冷やす。
  4. 冷えたガナッシュを泡だて器で混ぜ、
     角が立つくらいまで泡立てる。

 [食べ頃と保存方法].
  焼き立てのワッフルに
  トッピングを添えて召し上がってください。

 [おすすめの組み合わせ]その1
  ★ ジャム+ブラウンチーズ+サワークリーム

 [おすすめの組み合わせ]その2
  ★ ガナッシュ・モンテ+レーズン+アプリコット



posted by ぽっぷらいと at 17:03| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする