2017年02月20日

2/20「グレーテルのかまど」杉浦日向子のクリームパン

グレーテルのかまど

杉浦日向子のクリームパン

日本の3大菓子パン、
「あんぱん」 「ジャムパン」 「クリームパン」。
    

あんぱん」の元祖は、ご存じ、木村屋さん(明治7年発売)。
「ジャムパン」の元祖、こちらも木村屋さん(明治33年発売)です。
 
                   (㊟↑こちらはあくまでも参考画像で、
                   木村屋總本店さんのパンではありません!)

ところで「クリームパン」の元祖は・・・というと、あまり知られては
いませんが、「中村屋」さんです。(カレーだけじゃないんです!)

 

シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者夫妻
(相馬愛蔵・黒光)が、これをパンに応用することを考え、
明治37年に、クリームパンの製造・販売を始めたのが、
元祖なのだそうです。
子供にとっては、小豆と砂糖だけの餡よりも、乳製品を使った
クリームのほうが栄養価が高いのではないかという考えもあった
ようです。これが大好評で、次第に全国へ広まっていきました。
 
ところでクリームパンは、売り出した当時は、
切れ目のない半円の形をした「柏餅型」だったそうです。

「あんぱん」や「ジャムパン」、「クリームパン」のような
中身に”あん”を詰めたパンは、どんなに細心の注意を払っても、
発酵段階で中に空洞が生じてしまうことがあります。
勿論、それが原因で品質が落ちてしまう訳ではありません。
ただ、お客様に損をしたような気にさせてはいけないということで、
空洞が出来ないように、空気抜きとして切れ目を入れた結果、
見た目がグローブ型になったようです。

 

緻密な時代考証で多くの作品を世に送り出した江戸風俗研究家、
杉浦日向子さん。
漫画家として「合葬」「百日紅」といった大作を世に送り出し、
後年は、エッセイやテレビ出演でも活躍。
NHKで「お江戸でござる」なんての、やってましたね。
(そういえば、えなりくんって?)

私も、何冊かエッセイを読んだことがありますが、特に・・・。
(🙇ごめんなさい🙇、私も歴史は好きなんですけど・・・。)

それと、荒俣宏先生とご結婚されていたことがある・・・
ということでしょうか。
(荒俣先生は好きです。講演会に行ったこともあるんですが。)

2005(平成17)年にお亡くなりになられたということは、
もう12年・・・、ということは今年は13回忌なんですね。

今日のグレーテルのかまどでは、杉浦さんの活力源であり、
幼い頃からの大好物「クリームパン」をヘンデルが作ります。

クリームパン・・・。
普段は特に食べたいパン・・・という訳ではないのですが、
食べるとやっぱりおいしいパンですよね。

posted by ぽっぷらいと at 18:56| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする