2021年04月06日

イッピン「漆黒に浮かぶ金銀の輝き〜京象嵌〜」

本日のイッピンは
 「京象嵌です。
象嵌とは
「象り(かたどり)」「嵌める(はめる)
という意味で、
一つの素材に
異質の素材を嵌め込む技法で、
「金工象嵌」「木工象嵌」「陶象嵌」
などがあります。


その中の「金工象嵌」は、
シリアのダマスカスで生まれ、
シルクロード経由で
飛鳥時代に日本に伝わり、
仏像や仏具装飾等に用いられました。

四天王寺の七星剣をはじめ、
正倉院には刀身に金で象嵌が施された
呉竹鞘御杖刀」が遺されている他、
奈良の薬師寺本尊の掌や仏足にも
輪宝文などが象嵌されています。


鎌倉時代以降には
刀の鍔や甲冑の金具など
武具の装飾として、
草花鳥獣、風景などをデザインした
象嵌が施されるようになりました。


江戸時代になると、
京都に優れた職人が数多く生まれ、
日本刀や甲冑、鏡や文箱などの装飾に
名工達が腕を振るいました。


特に、
その仕事ぶりが特に目立っていたのが、
西陣の「埋忠」(うめただ)
「正阿弥」(しょうあみ)の二家で、
やがて技術を磨いた両家の弟子達が
各地の大名に仕えるようになり、
京象嵌の技術が
肥後や加賀をはじめ
全国に広まることとなりました。


-肥後象嵌-



-加賀象嵌-





「京象嵌」は
「布目象嵌」を中心に発展しました。

「布目象嵌」は
金銀を薄く伸ばしたものを切り抜き、
布目を彫られた鉄の生地に嵌め込み、
仕上げに漆を塗り焼き上げたものです。


純金や純銀を使用するため大変高価であり、
上級の武士階級や貴族など
一部の階層を中心に広がりました。


一方、その代用品として
庶民の間で発達したのが「蒔絵技法」で、
江戸時代末期頃には
火鉢やキセル等の喫煙具の装飾にも
用いられるようになりました。


明治9(1876)年の「廃刀令」によって
その広がりは一時途絶えかけましたが、
大正時代には京都を訪れた欧米外国人の間で
日本の象嵌技術が高く評価され
熱心に象嵌商品を買い求めたことから、
輸出品として
再び脚光を浴びることになりました。


現在では
ブローチ、ペンダント、イヤリング、
ネクタイピン、カフスボタン等の装身具や、
額、衝立などの室内装飾品に
京象嵌の技術が生かされ、
国内外で広く愛用され続け、
京都府知事指定の
「京都府伝統工芸品」の一つに
挙げられています。




 幕末、明治の
 金工、七宝、蒔絵、薩摩焼を
 常設展示する
 日本で初めての美術館です。
 高度な彫りと、
 複雑で多彩な「象嵌」も
 常設されています。

 

  住所:京都府京都市東山区
     清水寺門前産寧坂
     北入清水3−337−1
  電話: 075-532-4270




       (アミタ)

京都の伝統工芸
「京象嵌」の技術を活かして作られた
「霞(kasumi)」シリーズ。
箸置きとペンダントがあります。

従来の京象嵌は
生地に「鉄」を使用していますが、
「霞(kasumi)」は、
「ステンレス」を使用しているため、
耐水性に優れています。
また、
見る角度により表情を変え
淡くやさしい色合いで、
日々の生活を豊かにしてくれると、
評判です。

アミタ」では
沢山の方に京象嵌に親しんでもらいたいと、

象嵌製作の実演や販売はもちろん、
象嵌作りの体験教室などもあります。

  住所:京都府京都市左京区
     聖護院円頓美町17
  電話: 075-761-8001




  (中嶋龍司さん)


京都嵐山にある「中嶋象嵌」の
三代目・中嶋龍司さん。
平成14(2002)年、
祖父の喜代一さんに弟子入りし、
平成20(2008)年には
若手職人の登竜門と言われる
京もの認定工芸士」の認定を受ています。

祖父から受け継いだその技は
緻密を極め、
コンマミリ単位の作業が
ほとんどを占めます。
伝統的な細工物をはじめ、
中嶋さんならではの
「透かし」と言われる技法も取り入れ、
海外や若い世代に象嵌を発信しています。


嵐山にある「昇龍苑」の2Fには、
体験教室があります。

  住所:京都府京都市右京区
     嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
  電話: 075-873-8180





大正8年独立創業の
「川人象嵌」(かわひとぞうがん)さん。
布目象嵌の布目板に
謄写印刷に使う謄写版を利用することで、
象嵌製品の価格を抑えることで、
工芸品や装飾具として
広く普及させることに成功。
新しい感性で
象嵌の可能性を広げていくと共に、
先人達が育んだ技術を
現代に、そして未来へと引き継いでいます。





  住所:京都府京都市北区
     等持院南町76
  電話:075−461−2773
ラベル:イッピン 京象嵌
posted by ぽっぷらいと at 11:40| 美の壺・イッピン・工芸品・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする