2020年06月01日

6月1日 「今日は何の日」

令和2年


6月



1



[月]



今日から6月、
  「衣替え」

 



[目 次]

 1. こよみ

 2. 今日は何の日

 3. 過去の出来事



干支乙亥   (きのとい 、いつがい)
九星三碧木星 (さんぺきもくせい)
旧暦令和2/閏4/10
六曜先勝
(せんしょう、せんかち、さきがち)
十二直(やぶる)
二十八宿(ちょう,和名:ちりこぼし)


選日
吉日
[凶日]三隣亡
[他]重日


令和2年 新月・満月カレンダー
前回双子座新月(5/23)
今日の月齢9.4
次回射手座満月(6/6)


季節
二十四節気 小満 (しょうまん)

ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。
梅の実がなり、西日本では、走り梅雨がみられる頃。
田植えの準備を始める頃でもあります。
七十二候 麦秋至
(むぎのときいたる)

麦の穂が実り始める頃。
「秋」は実りの季節を表し、穂を揺らす風は「麦の秋風」。
誕生花 クレマチス

花言葉:策略

クレマチス属は、日本にも「カザグルマ」や中国渡来の「テッセン」があり、古くから親しまれてきた。
「クレマチス」とは、ギリシャ語の「ツル」こと。
誕生石 カラーチェンジサファイア

宝石言葉:二面性

光源の違いによって色が変わる「サファイア」。
状況に応じて臨機応変に立ち向かう柔軟性を高める。
視点を変え、マイナスからプラスに転じる。

TOPに戻る


2. 今日は何の日

衣替え,衣更え,更衣
 
気候に合わせて、衣服を夏服に替える日。
平安時代から始った習慣で、当時は中国の風習に倣って4月1日及び10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣」と言った。
しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も更衣といい、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御に次ぐ者を指すようになったので、民間では「更衣」とは言わず「衣替え」と言うようになった。
江戸時代頃から、「衣替え」は6月1日と10月1日に行うようになり、明治以降の官庁・企業等もそれに従った。


他に
・新生糸年度
 

・氷の日
 (日本冷凍事業協会 制定)
 

水道週間
 (厚生労働省
  都道府県をはじめ各市町村の水道事業体等)
 

・矯正歯科月間の日
 (日本成人矯正歯科学会 制定)
 

・チューインガムの日
 (日本チューインガム協会 制定)
 

・ムヒの日
 (池田模範堂 制定)
 

・いぐさの日
 (イケヒコ・コーポレーション 制定)
 

麦茶の日
 (全国麦茶工業協同組合 制定)
 

・鮎の日
 (全国鮎養殖漁業組合連合会 制定)
 

・牛乳の日
 (Jミルク 制定)
 

・チー坊の日(チチヤスの日)
 

・ロールアイスクリームの日
 (「ROLL ICE CREAM FACTORY」/
   Something NEW 制定)
 

・梅肉エキスの日
 (梅研究会 制定)
 

・気象記念日
 

・バッジの日
 (徽章工学協会 制定)
 

・電波の日
 

・NHK国際放送記念日
 

・国税庁創立記念日
 

・万国郵便連合再加盟記念日
 

・人権擁護委員の日
 

・防災用品点検の日
 (防災システム研究所
  防災・危機管理アドバイザー山村武彦氏 制定)
 

・真珠の日
 (日本真珠振興会 制定)
 

・ねじの日
 (ねじ商工連盟 制定)
 

・写真の日
 (写真の日制定委員会/日本写真協会 制定)
 

・チーズの日
 

・アイデアの日
 (「象がふんでもこわれないアーム筆入れ」
  「水にとける紙をセットしたスパイ手帳」
  「黄色いスマイルマークの
   反戦平和キャラクターのラブピース」/
  サンスター文具 制定)
 

・総務の日
 (『月刊総務』/ウィズワークス 制定)
 

・景観の日
 (国土交通省農林水産省環境省 制定)
 

・バリ舞踊の日
 (バリ舞踊連盟 制定)
 

・国際子供の日
 (International Children's Day)
 



TOPに戻る


3. 過去の出来事
1177鹿ヶ谷事件。
後白河法皇近臣・俊寛らの平家打倒の謀議が密通され一味が逮捕。

(新暦6月28日)
1601徳川家康が佐渡島の相川金山を幕府直轄領とするよう指令。
(新暦6月30日)
1812米上下院で英国への宣戦布告を可決。
18日に開戦
(米英戦争)。
1875赤坂葵町の東京気象台で定時観測を開始。
1878東京証券取引所の前身の東京株式取引所が営業を開始。
1880元老院民法編纂局を設置。
1880東京警視本署に消防本部を設置。
1884東京気象台が日本初の天気予報を開始。
警察所・派出所に掲示。
1888帝大気象台と海軍観象台の天文部門を合併して東京大学に移管し、麻布飯倉に東京天文台を創設。
1897福岡県八幡村に官営製鐵所(八幡製鐵所)が開庁。
1899東京・神田の錦輝館で日本初のニュース映画上映。
1903日比谷公園が開園。
1906「ポーツマス条約」によりロシアから北緯50度以南の樺太を割譲される。
1910ロバート・スコットを隊長とするイギリスの南極探検隊が南極点を目指し、出発。
1910幸徳事件(大逆事件)で幸徳秋水を逮捕。
1911平塚らいてうらが青踏社の発起人会開催。
1918徳島県の板東俘虜収容所でドイツ人捕虜によりベートーベンの交響曲第9番が日本で初めて演奏される。
1924新潟の産婦人科医・荻野久作が排卵と受胎の周期的関係を発表(荻野式受胎法)。
1927憲政会と政友本党が合同して立憲民政党が成立。
1934文部省に危険思想取締の為の思想局設置。
1935NHKが海外向けラジオ放送を開始。
1936NHKで「国民歌謡」の放送開始。
『椰子の実』などが発表される。
1937寄附金附きの「愛国切手」が発売。
日本初の寄附金付切手。
1939昭和肥料と日本電工が合併し昭和電工設立。
1940横浜・名古屋・京都・神戸で砂糖・マッチの配給切符制を実施。
1944関西急行鉄道と南海鉄道が合併して近畿日本鉄道を設立。
1945米・スティムソン委員会がトルーマン大統領に日本への原爆投下を勧告。
1947近畿日本鉄道から旧南海鉄道の路線を分離し、南海電気鉄道にに。
1948東京急行電鉄から、戦時中に統合された小田急電鉄京王帝都電鉄京浜急行電鉄の3社が分離。
1949日本国有鉄道(国鉄)が発足。
初代総裁に下山定則が就任。
1949日本専売公社が発足。
1949総理府・郵政省・電気通信省・地方自治庁・特別調達庁・経済安定本部などを設置。
1949新制国立大学68校が発足。
1949日本工業規格(JIS)の基本法「工業標準化法」公布。
1949国民金融公庫設立。
1950電波三法(電波法・放送法・電波監理委員会設置法)施行。
1950北海道開発庁設置。
1951大阪市で日本初のワンマンバスが運行。
1955現行の一円硬貨発行。
日本初のアルミ硬貨。
1955有限会社中村製作所(後のナムコ、現 バンダイナムコゲームス)創業。
1959朝日新聞が東京本社から北海道支社に紙面を伝送して現地で印刷するファクシミリ方式の新聞製作を日本で初めて開始。
1962イスラエルでユダヤ人虐殺の責任者アイヒマンの死刑を執行。
1971立山黒部アルペンルートが全線開通。
1972「道路交通法」改正。
路上試験の実施・初心者マーク制定。
1980ニュース専門テレビ局CNNが開局。
1980気象庁が東京地方で降水確率予報を開始。
1984京セラなど25社が第二電電企画(後に第二電電(DDI)、現在のKDDI)を設立。
1986上野動物園でパンダ・トントンが誕生。
日本で初めてパンダの人工受精による出産に成功。
1989NHKが衛星第1テレビ及び衛星第2テレビの本放送を開始。
1999ソニー、子犬型のペットロボット・AIBOをインターネット限定発売。
わずか20分で完売。
2000特許法条約調印。
2001ネパール王族殺害事件。
ネパールで国王夫妻らが射殺される。
皇太子の犯行で自らも自殺したと発表される。
2003Chinaで三峡ダムの湛水が開始。
2004佐世保小6女児同級生殺害事件。
佐世保市の小学校で、6年生の女児が同級生をカッターで切りつけ死亡させる。
2006「道路交通法」改正。
駐車違反の取締りが民間委託となる。
2008「道路交通法」改正。
75歳以上のドライバーに対し「もみじマーク」の貼付が義務化。
但し、2009年 道路交通法の一部を改正する法律(平成21年法律第21号)により、75歳以上の運転者の高齢運転者標識表示義務の規定は当分の間適用しないと即日施行される。
そのため、現時点での道路交通法においては、70歳以上〜75歳未満のドライバーも(七十一条の五 第3項)、75歳以上のドライバー(七十一条の五 第2項)も努力義務となっている。
2009ゼネラル・モーターズGM)が連邦倒産法第11章の適用を申請。
2010子ども手当の支給を開始。
2012日本円と中国人民元の直接取引開始。
2016平成29(2017)年4月1日に予定されていた消費税10%への増税を令和元(2019)年10月に再延期することを発表。(→実施)
2019金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故が発生。
自動運転列車による逆走衝突事故。
TOPに戻る


posted by ぽっぷらいと at 06:30| 今日は何の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする