2020年06月09日

6月8日「ローションパックの日」制定の佐伯チズさん、ALSのため死去

昨日、6月8日の「今日は何の日」で
ご紹介させていただいた
「ローションパックの日」を制定された
エステサロンの経営など
美容と健康に関する
総合プロデュースを手掛ける
代表取締役を務める
美肌師として著名な
佐伯チズ氏さんが、
本日、6月9日に
所属事務所から発表されました。


佐伯さんが制定された
「ローションパックの日」を終えてから
ということだったのでしょうか?
ご冥福をお祈り申し上げます。




7月9日(木)には
TJ MOOK
発売されます。



佐伯さんが、
最後に伝えたいメッセージを
33の言葉とともに綴り、
一冊の本にまとめたものだそうです。


佐伯チズのメッセージ
その1. 「皮脳同根」
   (ひのうどうこん)
皮膚は第3の脳といわれているのをご存じですか?
私は、この「皮脳同根」という言葉をとても大切にしていますし、皆さんにもお伝えし続けてきました。
皮膚と脳は根っこでつながっているから、想いは肌に通じるという意味です。
もう一つ、私が感じているのが「皮膚と腸は一体である」ということ。
腸は第2の脳といわれていますし、腸の状態は肌にも密接に関係しています。
便秘などになると肌荒れで悩むという経験、誰にでもありますよね。
化粧品よりもまずは体の中から。
私がそう伝え続ける理由がここにあります。

佐伯チズのメッセージ
その2. 「台所が私の薬局」
「美食同源」。
体が喜ぶおいしいものを食べることで、美も磨かれていきます。
ですから、台所は、肌をキレイにしたい人にとっては薬局ですよ。
食べるという字は、「人」を「良」くすると書くくらいです。
じゃあ何を食べればいいのか。
これもね、自分の体に合うもの、喜ぶもの、これを食べると調子がよくなるなというものを見つけてほしいと思っています。
高価とか有名とか、誰かがいいと言っていたというのは一つの情報です。
自分が本当においしいと感じられることが大切。
ただ、空腹を満たすためだけの食事は、肌だけではなく心もくすませます。
食べることは生きることであり、キレイになることも食べることと同じです。

佐伯チズのメッセージ
その3. 「横ジワは幸せの証拠」
元気で若々しく生きることと、若く見せることは違います。
だって若いころとは違うのですから、過去にとらわれてしまうことはとても虚しくありませんか?
シワにもいいシワと悪いシワがあるのです。
ほうれい線もそうですし、目尻にできる笑いジワと呼ばれる横ジワは幸せの証拠です。
一方で眉間に出る縦ジワは、不幸が滲み出るから避けたいものです。
年齢とともにシワが出るのはある意味で当たり前、どこに出るかで顔の印象が大きく変わります。
どうせなら、幸せなシワを刻んでいきましょうね。
「シワも私の人生の勲章ね。
美しいシワを重ねられるように生きていかなきゃ」と思えたほうが、豊かでしょう?
FASHION BOX」より
posted by ぽっぷらいと at 15:28| 今日は何の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする