2020年08月08日

5/23「グレーテルのかまど」"あしながおじさん"のレモンゼリー

グレーテルのかまど

"あしながおじさん"の

レモンゼリー


20世紀初頭の小説「あしながおじさん」。
実はレモンゼリーは、当時のアメリカの女子大生にとって、
流行の最先端を行くデザートだったそうです。

          

アメリカでは、1890年代以降、カリフォルニアのレモンの質が
急速に向上し、それに伴って生産量も拡大して、
世界最大の生産地の一つに躍り出ることとなった。
1893年には「南カリフォルニア青果協同組合」が設立され、
「サンキスト」のブランド名とともにオレンジやレモンの質の向上、販売促進につとめた・・・・ということが、関係あるのでしょうか?


          

今回は、プールみたいな「特大レモンゼリー」に挑戦。
「レモネード」  「つぶつぶゼリー」
「プルプルゼリー」「クリーム」
4つを同時に楽しめるスペシャル・バージョンだそうです!


『あしながおじさん』(Daddy-Long-Legs)は、
アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターが
1912年に発表した小説・児童文学作品。

孤児院で育った少女
ジェルーシャ・アボット(ジュディ)は、
月に1回、学生生活を書き送る約束で、
大学進学の援助を受けることになる。

初めて孤児院の外で生活をすることになったジュディ。
彼女は名を明かさないこの紳士を
「あしながおじさん」と呼び、
日常の出来事を
ユーモア溢れる挿絵入りの手紙にして送り続け・・・。


         


ところで、「レモン・ゼリー」って、
ある一日の手紙のごく一部でしか出てこないんですよね。


 あしながおじ様
仮に体育館のプールにレモン・ゼリーが一杯になっていたら、
その中で泳ぐ人は表面に浮いているでしょうか、
それとも沈んでしまうのでしょうか?
私達が食後のレモン・ゼリーを食べているとき
こういう問題が持ち上がったのです。
私達は半時間もこの問題に対して激論を交わしていたのでが、
未だに片が付きません。
サリーはその中で泳げるというのですが、
私はいかなる水泳の達人でも沈んでしまうと確信しているのです。
レモン・ゼリーの中で溺死するなんて
随分おかしなことではありませんか?


         

「あしながおじさん」は
小学生の時の「三大好きな本」の1冊であり、
同時に、その後に小説を読まなくなる
きっかけになった本でもあります。

小学生の中学年の頃、
「少年少女文学全集(全24巻)」を購入し、
毎日のように読んでいました。


ところがある日、アニメでやっていた
「あしながおじさん」と
私が読んでいた「あしながおじさん」の
内容が違っていました。


こちらの全集、
監修は物凄ーく有名な作家さんだったんですが、
子供に恋愛話は許さないんでしょうね。

「あしながおじさん」だけじゃなくって、
他の話も色々と違ってました。
(例:『赤毛のアン』のアンとギルバートは和解しなかった。)


「あしながおじさん」が悪いんじゃないんです。

「子どもには適切ではない」とかいって、
本の内容を変えたりする傾向がありますが、
逆ですから。小説嫌いになりますよ!

私は、実用書とかノンフィクションは
今でもよく読みますが、
小説だけは読む気になれません!


ただ、いい大人になって、
昔読んだインチキ文学全集に載って
いた小説を読み返しています。
(「あしながおじさん」面白い!)


ただ、インチキ文学全集に載っていた小説の内、
どうしても読んでみたいものもあるんですが、
探しても見つからないものもあります。


 ◆ 材料
 (20.5×27cm ガラス容器(2.5L):1個分 )
 ・生クリーム(乳脂肪分42%):120g

 [レモネード]
 ・レモン汁
  (生の果実を絞ったもの)
:25g
 ・水:280g
 ・グラニュー糖:40g
 
 [こんにゃくゼリー]
 ・レモン汁
  (生の果実を絞ったもの)
:50g
 ・水:100g
 ・こんにゃくパウダー:1g
 ・アガー:6g
 ・グラニュー糖:30g
 
[レモンゼリー]
 ・レモン汁:450g
 ・水:675g
 ・グラニュー糖:250g
 ・板ゼラチン:18g
 ・食用色素(黄色):20滴
 
 [レモンクリーム]
 ・全卵:1個
 ・グラニュー糖:80g
 ・レモン汁:50g
 ・レモンの表皮
  (表皮を削ったもの)
:1個分
 ・バター:40g



◆ 作り方
[準備]
 1.レモンを絞って茶こしで濾しておく。
    (1個分は皮を削っておく)
      

 2.板ゼラチンを冷水で戻しておく。



1.レモネードを作る。
   レモン汁、水、砂糖を混ぜて
   容器に流して
   しっかりと冷やしておく。
   

2.こんにゃくゼリーを作る。
   こんにゃくパウダー、アガー、
   砂糖を混ぜ合わせておく。

 3.水を鍋に入れて温め、
   2を加えてよく混ぜる。
   そのまま30分程度置いて
   こんにゃくパウダーをふやかす。

 4.3を火にかけて、混ぜながら軽く沸騰させる。

 5.火を止めてレモン汁を加えてよく混ぜる。

 6.2で冷やしておいたレモネードの中に、
   スプーンでたらして粒々を作る。
   冷凍庫で凍らせる。

7.レモンゼリーを作る。
   水の約1/3を鍋に入れ、沸騰直前まで温める。
   火を止めて食用色素と砂糖を加えて溶かす。
   ゼラチンを加えて混ぜる。

 8.7をボウルに移し、
   残りの水とレモン汁を加えてよく混ぜる。

 9.凍った6の上からゆっくり注ぎ、
   冷蔵庫で冷やして固める。
   少量のゼリーを残しておき、仕上げに使う。

10.レモンクリームを作る。
    鍋にレモン汁、レモンの表皮、
    バターを入れて温める。

 11.ボールに卵を入れて泡立て器でほぐし、
    砂糖を加えてよく混ぜる。
    10の鍋に加え、
    全体を混ぜながら沸騰させる。

 12.濾しながら別の容器に移し、
    ラップをして冷やす。

 13.生クリームを泡立て、
    冷めた12に加えて混ぜる。

 14.絞り出し袋に詰めて、
    9のゼリーの中に絞る。
    9で残しておいたゼリーを
    上から流して平らにして冷やし固める。


<食べ頃と保存方法>

 冷蔵庫で保存。
 下のジュースが溶け、
 上のゼリーが固まったら食べ頃!




posted by ぽっぷらいと at 14:00| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2/20「グレーテルのかまど」杉浦日向子のクリームパン

グレーテルのかまど

杉浦日向子のクリームパン

日本の3大菓子パン、
「あんぱん」 「ジャムパン」 「クリームパン」。
    

あんぱん」の元祖は、ご存じ、木村屋さん(明治7年発売)。
「ジャムパン」の元祖、こちらも木村屋さん(明治33年発売)です。
 
                   (㊟↑こちらはあくまでも参考画像で、
                   木村屋總本店さんのパンではありません!)

ところで「クリームパン」の元祖は・・・というと、あまり知られては
いませんが、「中村屋」さんです。(カレーだけじゃないんです!)

 

シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者夫妻
(相馬愛蔵・黒光)が、これをパンに応用することを考え、
明治37年に、クリームパンの製造・販売を始めたのが、
元祖なのだそうです。
子供にとっては、小豆と砂糖だけの餡よりも、乳製品を使った
クリームのほうが栄養価が高いのではないかという考えもあった
ようです。これが大好評で、次第に全国へ広まっていきました。
 
ところでクリームパンは、売り出した当時は、
切れ目のない半円の形をした「柏餅型」だったそうです。

「あんぱん」や「ジャムパン」、「クリームパン」のような
中身に”あん”を詰めたパンは、どんなに細心の注意を払っても、
発酵段階で中に空洞が生じてしまうことがあります。
勿論、それが原因で品質が落ちてしまう訳ではありません。
ただ、お客様に損をしたような気にさせてはいけないということで、
空洞が出来ないように、空気抜きとして切れ目を入れた結果、
見た目がグローブ型になったようです。

 

緻密な時代考証で多くの作品を世に送り出した江戸風俗研究家、
杉浦日向子さん。
漫画家として「合葬」「百日紅」といった大作を世に送り出し、
後年は、エッセイやテレビ出演でも活躍。
NHKで「お江戸でござる」なんての、やってましたね。
(そういえば、えなりくんって?)

私も、何冊かエッセイを読んだことがありますが、特に・・・。
(🙇ごめんなさい🙇、私も歴史は好きなんですけど・・・。)

それと、荒俣宏先生とご結婚されていたことがある・・・
ということでしょうか。
(荒俣先生は好きです。講演会に行ったこともあるんですが。)

2005(平成17)年にお亡くなりになられたということは、
もう12年・・・、ということは今年は13回忌なんですね。

今日のグレーテルのかまどでは、杉浦さんの活力源であり、
幼い頃からの大好物「クリームパン」をヘンデルが作ります。

クリームパン・・・。
普段は特に食べたいパン・・・という訳ではないのですが、
食べるとやっぱりおいしいパンですよね。

posted by ぽっぷらいと at 18:56| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

2/6「グレーテルのかまど」“スプーンおばさん”のワッフル

グレーテルのかまど

スプーンおばさんのワッフル

 

㊟こちらはノルウェーのお隣の国スウェーデンのシェップスフルト社のワッフルパンです。
世界中で親しまれている、ノルウェー発の「スプーンおばさん」。
ひょんなことから、スプーンほどのサイズに小さくなってしまう
おばさんの冒険物語です。
NHKでアニメが放映されていたので、覚えていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?


私は、ほとんど見たことはないのですが、
♫ 好きよ〜、スプーンおばさん・・・・♫ という主題歌のフレーズと
おじさんの声を八奈見乗児さんがやっていた・・ということは
覚えています。(結構、再放送もやってたんじゃないでしょうか?)

    

「スプーンおばさん」は、ノルウェーの児童作家で歌手でもあった
アルフ・プリョイセンの童話シリーズです。

アルフ・プリョイセンは、
家庭が貧しく、学校へは行かなかったものの、
空想力や歌唱力に富んだ少年で、
農村の祭などで自作の歌を披露し喜ばれたそうです。

彼は戦後、ラジオで人気者になりました。
まだテレビがなかった時代、ラジオから流れてくる
彼の面白いお話と楽しい音楽は、熱狂的に愛されました。

1945年に最初の短編集を出版。
「スプーンおばさん」シリーズは、1956年にスウェーデン語版が、
翌年ノルウェー語版が出版されました。
彼は作家として名を成してからも、歌謡を自作し続け、
また各地の民謡を歌いにまわったそうです。

作中にも登場する、ノルウェーの国民的おやつと言えば、
愛らしいハート型が特徴の「ワッフル」です。

「ノルウェーワッフル」は、
小麦粉、砂糖、バター、牛乳、卵、ベーキングパウダーに、
カルダモン(これは欠かせません!)、これだけの材料で
ワッフルの素を作り、vaffeljern(ワッフルマシーン)で焼くだけの
シンプルすぎるワッフルです。

 「カルダモン」というと、
 つい、
 カレーを想像してしまいます!
そして、「ノルウェーワッフル」の最大の特徴がトッピングとして
「ブラウンチーズ」を乗せること!
 
ノルウェー語で「Brunost」や「Geitost」と呼ばれるこのチーズ、
山羊のホエーを主な原料に作られています。

ヘンゼルが挑戦するのは、このノルウェー伝統のトッピングと、
オリジナルのふわふわガナッシュの2種類のトッピング!
お楽しみあれ!

また、新たなるワッフルが人気爆発か?
なお、今回の制作に協力なさった青木順子さんのブログは
ノルウェーにご興味のある方にはとても参考になりそうです!


“スプーンおばさん”のワッフル
<材料>(直径約18cmの型、約5枚分)
  
[ワッフル生地]
 ・薄力粉:80g
 ・強力粉:80g
 ・ベーキングパウダー:小さじ2 
 ・グラニュー糖:40g
 ・卵:M1個分
(50g)
 ・牛乳:250ml
 ・バター:40g
 ・カルダモン:適量
 ・サラダ油:適量
 
[トッピング@ ノルウェーの定番]
 ・サワークリーム:60g
 ・生クリーム
  (乳脂肪分35% )
:40g
 ・いちごジャム:適量
 ・ブラウンチーズ
  (イェトスト)
:適量
 
[トッピングA ガナッシュ・モンテ]  
 ・チョコレート
  (カカオ分55%)
:70g
 ・生クリーム
  (乳脂肪分35%)
:140g
 ・ラム酒漬けレーズン:適量
 ・ドライアプリコット:適量
 
<作り方>
 [準備]
  ♦ 薄力粉をふるっておく。 
  ♦ バターを溶かしておく。
  ♦ カルダモンの皮を割り、中の種を取り出しておく。

 [ワッフル生地]を作る。
  1. ボウルに
    薄力粉、強力粉、べーキングパウダーを入れて
    よく混ぜる。
  2. 砂糖を加えて混ぜ、
    粉の中央に卵と牛乳の1/3を加えて
    中心から混ぜていく。
  3. 残りの牛乳を加えていき、
    滑らかになるまで混ぜる。
  4. 溶かしバターを加えて混ぜ、
    最後にカルダモンをひいて加え、混ぜる。
  5. ワッフル型を火にかけ、中火で温める。
    サラダ油を全体に塗る。
  6. レードル一杯分の生地を中心に流し、
    蓋をして弱火で片面を約2分焼く。
  7. ひっくり返して更に約2分焼き、
    両面がこんがり焼けたら型からはずす。

 [トッピング@ ノルウェーの定番]を作る。
  1. サワークリームに
    生クリームを2回に分けて加え、
    ゴムべらで混ぜて溶きのばす。
    ブラウンチーズは薄く削る。

 [トッピングA ガナッシュ・モンテ]を作る。
  1. 生クリームを火にかけて沸騰させる。
  2. チョコレートに1を1/ 3程度注ぎ、
    中心からゆっくりと混ぜる。
  3. 残りの生クリームも加えていき、全体を混ぜる。
    粗熱がとれれば冷蔵庫で約2時間冷やす。
  4. 冷えたガナッシュを泡だて器で混ぜ、
     角が立つくらいまで泡立てる。

 [食べ頃と保存方法].
  焼き立てのワッフルに
  トッピングを添えて召し上がってください。

 [おすすめの組み合わせ]その1
  ★ ジャム+ブラウンチーズ+サワークリーム

 [おすすめの組み合わせ]その2
  ★ ガナッシュ・モンテ+レーズン+アプリコット



posted by ぽっぷらいと at 17:03| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

12/26「グレーテルのかまど」“精霊の守り人”のファンタジースイーツ“チャズ”

グレーテルのかまど

『精霊の守り人』の
ファンタジースイーツ “チャズ”

 
『精霊の守り人』は、
2014年に国際アンデルセン賞、
2015年には『鹿の王』で本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんが
1996年に発表した作品で、ラジオドラマ、アニメ、漫画、そして
テレビドラマ化もされた、異世界ファンタジー小説です。

 この世と平行して存在する目に見えない世界<ナユグ>の「水の精霊」の卵を産みつけられてしまったため、父帝から命をねらわれることになった新ヨゴ皇国第二皇子チャグム。
彼は刺客の罠にかかったところをバルサという短槍使いの用心棒の女性に救われる。養父の罪をあがなうため人助けの旅を続けていたバルサは、チャグムの護衛を引き受ける。
バルサの仲間たちとの交流の中で、皇子という生い立ちとは関係なく一人の少年としてたくましく成長していくチャグム。
バルサは刺客を防ぎながら、「水の精霊」の卵を孵しチャグムの身を守りきれるのか…。
”チャズ”は、数奇な運命に翻弄されながらも、力強く生きていく
皇子の転機とも言える場面に登場する、不思議なスイーツ。
一口かじると果汁が溢れ出す、”薄桃色のおもち?”です。
文化人類学者でもある著者、上橋菜穂子さんが
お菓子に込めた思いを紐解きながら、
スタジオのヘンゼルが、ファンタジーの世界のお菓子を現実する
そうです。

posted by ぽっぷらいと at 18:16| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

12/19「グレーテルのかまど」聖夜のビッシュ・ド・ノエル

グレーテルのかまど

聖夜のビッシュ・ド・ノエル

 フランスを代表するクリスマス・スイーツといえば、
 ビッシュ・ド・ノエル!

 

 「ビッシュ・ド・ノエル」は、パリで19世紀後半から作られるように
 なったクリスマスのケーキです。
 フランス語で、
 ノエルは「クリスマス」、ビュッシュは「木、丸太」で
 「クリスマスの薪」という意味で、その名の通り、薪(または木の
 切り株)の形をしています。

 基本的にクリスマスケーキとして食べます。
 「ビッシュ・ド・ノエル」は、薪や丸太の形に見立てて作られて
 いて、輪切りにしない長いままのロールケーキのような形を
 目にすることが多いかと思います。
 表面はココアクリームで覆われていて、そこに木の樹皮に見え
 るように引っ掻いた模様が施されています。
 そして、その上に雪に見立てた粉砂糖などがデコレーションされ
 たケーキです。

 では、ビッシュ・ド・ノエルはどうして薪の形のケーキになったので
 しょうか?

1. キリストの生誕を祝い一晩中薪を燃やした
  その昔、キリストの生誕祭であるクリスマスには、
  暖炉の前に家族で揃い薪を燃やして、キリストの生誕をお祝い
  するという習慣がありました。
  この時に燃やす薪をイメージして作られているのが、
  ビッシュ・ド。ノエルなのです。
 

2. 貧しい青年がクリスマスのプレゼントに… 
  恋人へのクリスマスプレゼントが買えなかった貧しい青年が、
  温かく過ごしてもらいたいと、薪をプレゼントしたという
  エピソードから作られたという説です。
 

 クリスマスのミサから帰ると、
 家族で薪をくべた暖炉を囲み、食事を取ったり、歌を歌ったりして
 お祝いしました。
 クリスマスに薪を燃やすことは、祝福の象徴だったため、
 クリスマスのケーキにビッシュ・ド・ノエルが作られたそうです。
 また、薪を燃やした灰には、厄除けと繁栄をもたらすものとも
 されていたんだそうです。

ビッシュ・ド・ノエル
 雪が降り積もった「薪」をイメージした真っ白なビッシュ・ド・ノエル!
 見た目だけでなく、すっと淡雪のように溶けるような食感の
 2層のクリームがゴージャスな特別な日のケーキです。
<材料>
<材料>(幅7.5p×21pのトヨ型 1本分)
[スポンジ生地]
 ・卵:125g
 ・グラニュー糖:75g
 ・薄力粉:75g
 ・バター:25g
 
[生地用シロップ]
 ・シロップ:35ml
  ※ 砂糖10g水20gを加熱して冷ます
 ・キルシュ:15ml
[ホワイトチョコレートのクリーム]
 ・生クリーム:35ml
 ・ホワイトチョコレート:35g
 ・生クリーム:90ml
 
[フランボワーズのクリーム]
 ・フランボワーズピューレ:50g
 ・板ゼラチン:1.5g
 ・生クリーム:80ml
 ・粉砂糖:10g
[ホイップクリーム]
 ・生クリーム:100ml
 ・粉砂糖:8g
 
[メレンゲ]
 ・卵白:60g
(Mサイズ2個分)  
 ・グラニュー糖:120g
 ・食品用色素:適量
 ・フランボワーズパウダー:適量
[その他]
 ・フランボワーズ:10〜20粒
 
[ひいらぎの飾り]
 ・赤いフルーツ:適量
  (イチゴやフランボワーズなど)
<作り方>
[準備]
  ♦ オーブンプレートにバターを塗り、紙を敷く。
  ♦ バターは溶かしておく。
  ♦ 薄力粉はふるっておく。
  ♦ 生地用シロップは材料を合わせておく。
  ♦ トヨ型にフィルムを敷く。
  ♦ ホワイトチョコレートは刻んでおく。
  ♦ 板ゼラチンは氷水でふやかしておく。

[スポンジ生地を作る]
  1. 卵とグラニュー糖を混ぜて、
    湯煎で約40℃まで温める。
  2. 湯煎からはずして、泡立てる。
    8の字がゆっくりかけるくらいまで泡立てる。
  3. 振るった薄力粉を加えて、
    ゴムべらで切るように混ぜる。
  4. 熱い溶かしバターを加え、ムラなく混ぜる。
    (㊟ 混ぜすぎに注意
  5. 紙を敷いたオーブンプレートに流し平らにならす。
    220℃のオーブンで約8分焼く。
  6. 焼けたらすぐにプレートから紙ごとはずし、
    紙や布巾をかぶせて冷ます。

[メレンゲのキノコを作る]
  1. 卵白とグラニュー糖を混ぜながら
    湯煎で50℃に温める。
  2. 湯煎からはずして泡立てる。
    しっかり泡立ったら、
    半分くらい軸用に取り分けておく。
    着色する場合は食品用色素で着色し、
    オーブンペーパーの上に直径2〜3pの丸に絞り、
    白のメレンゲで模様を入れる。
    着色しないものは絞った後に、
    フランボワーズパウダーを振る。
    90℃のオーブンで20〜30分乾燥焼きする。
  3. ペーパーからはがせるくらいに乾いたら、
    残りのメレンゲをキノコの軸として
    少し高さを出して絞り、
    かさの部分をのせて、
    再び90℃のオーブンで2〜3時間乾燥焼きする。
    乾燥したら、使うまで密閉容器に入れておく。

[トヨ型を準備する]
  1. スポンジ生地が冷めたら紙をはがして、
    21×17pを1枚、21×6pを2枚にカットする。
  2. 生地用シロップを焼き目に刷毛で塗る。
    大きい生地を、焼き目を内側にしてトヨ型に敷く。

[ホワイトチョコレートのクリームを作る]
  1. 35mlの生クリームを鍋に入れて沸騰させる。
  2. 刻んだホワイトチョコレートに
    熱い生クリームを加えて、しっかり混ぜる。
  3. 90mlの生クリームをボウルに入れ、
    氷水につけてボウルを冷やしながら、
    角が立つけど先が少し曲がるくらいまで泡立てる。
    氷水を外し、ステップ2を加えて混ぜる。
  4. 準備したトヨ型に半分の高さまで流し、
    平らにならす。
    フランボワーズを埋め込み、
    スポンジ生地1枚を入れる。

[フランボワーズのクリームを作る]
  1. 生クリームに粉砂糖を加え、氷水で冷やしながら、
    角が立つけど先が少し曲がるくらいまで泡立てる。
  2. ふやかしたゼラチンと
    フランボワーズピューレの一部を
    一緒に湯煎で溶かす。
  3. 残りのピューレと合わせる。
    泡立てた生クリームの一部を加えて混ぜ、
    それを生クリームのボウルに戻して
    混ぜ合わせる。
  4. トヨ型に流し、スポンジ生地で蓋をして、
    冷蔵庫で冷やし固める。

[仕上げ]
  1. オーブンペーパーを持ち上げて型から取り出し、
    ひっくり返す。
  2. 生クリームに粉砂糖を加えて
    氷水で冷やしながら泡立て、
    表面に塗って、へらで模様をつける。
    フルーツやメレンゲ、ひいらぎなどを飾る。

 [食べ頃と保存方法]
 冷蔵庫で保存して、
 なるべく早めに召し上がってください。


posted by ぽっぷらいと at 20:02| グルメ・グレーテルのかまど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする